夜に重い話はNG!話し合いは昼間にしよう!

スポンサーリンク

普段ならケンカをしないカップルでも、タイミング次第で言い争いになってしまうことがあります。
いくら思い合っている二人だとしても、電話をする度にケンカをしていては疲れてしまいます。
直接会えばすぐに解決できるような内容でも、遠距離恋愛をしているとそうは行きません。
些細なケンカでさえも命取りになる遠恋だからこそ、なるべくケンカをしないようにしたいものです。

 

 

ケンカをしないためには、ケンカの原因になりそうな話は夜ではなく昼間にすることをオススメします。
彼氏や彼女の欠点を指摘したり、自分のワガママを聞いてもらいたいときは特に昼に電話をするようにしましょう。
昼間はみんな、勉強や仕事をしています。
夜には疲れがピークになっているでしょう。

 

そんな時に自分の欠点を指摘されたり、ワガママを言われれば、余計に疲れが溜まります。
普段なら軽くかわせる様なことでも、深刻な問題に発展する可能性があります。
また、夜は気分が落ち込みがちです。
電話を切った後、あなたに言われたことが深く圧し掛かり、気が滅入ってしまうこともあるでしょう。
そのような点から、夜に重い話をするのは控えたほうが良いのです。

 

 

自分自身も、常にポジティブな思想でいられるように努力しましょう。
疲れが溜まっていると、普段なら笑い飛ばせる彼氏や彼女からの一言も、心に重くのしかかってしまいます。
特に物事を真面目に受け取りやすい人は要注意です。
友達と美味しい食事をしたりカラオケに行くなど、適度にストレス発散して自分自身の心のケアをしておきましょう。

 

 

遠距離恋愛は恋愛の中でも難しいジャンルになります。
あなたはそんな恋愛をしているのですから、気が滅入っても仕方がありません。
彼氏や彼女にあたってしまうこともあるでしょうが、少しでも相手の負担を減らしてあげる意味でも、心に余裕のある昼間を選択しましょう。
また、恋人にも何かあれば昼間に電話して欲しいと伝えておくことも、無駄なケンカをしないためには必要なことかもしれません。
電話の前にメールで一言連絡をして、心の準備をする時間を与えてもらうのも良いかもしれませんね。

 

 

付き合っている恋人となかなか会えなくて不安…

そんな時は、いつでも、どこでも占ってもらえる電話占いをお勧めします!

 

占い師の先生が遠距離恋愛をばっちりアドバイス&サポートしてくれます

守秘義務もカンペキ♪

 

当サイトでは、最近の人気口コミから信頼ある大手のサイトをランキング形式ご紹介!

恐いくらい当たる電話占いをあなたも是非体感してみては?

 

▽無料キャンペーン実施中▽

無料占い

スポンサーリンク

関連記事一覧