遠距離の長距離は交互に行き来して負担をかけないようにしましょう

スポンサーリンク

遠距離恋愛をしていると、片方にだけ負担がかかっていることが良くあります。
気持ちの面でもそうですが、片方だけが長距離移動をして恋人に会いに行っているという行動パターンです。
恋愛のはじめですと、自分だけが会いに行っていても不満はないでしょう。
しかしいくらか恋愛が進んでいくと、「どうして自分だけが?」と疑問に思うようになります。
最初は都会に行ってしまった彼氏や彼女の住まいが物珍しくても、時間の経過と共に疑問が沸きあがるでしょう。
自分の田舎に恋人がいて、里帰りを兼ねて会えるから良いと思っていたとしても、毎回だと負担になるはずです。

 

 

ふたりの間にどれくらいの距離があるのかにもよりますが、半日ほど移動距離がある場合もあります。
長距離移動は、体にも心にも負担がかかります。
夜行バスだと思うように眠れないでしょうし、飛行機や新幹線は密着しているので周りにも気を使います。
乗り換えや乗り継ぎなど、交通手段を駆使することもあるでしょうし、交通費を折半にしていたとしてもやはり会いに行く側の負担は大きいものです。

 

 

数時間ほどしか離れていない遠恋カップルならば負担は少ないと思うかもしれませんが、距離が近いからこそ日帰りになってしまうことも多々あります。
3~5時間で会えると考えがちですが、往復ですと6時間~10時間になります。
朝早く起きなければならないでしょうし、帰りは遅くなります。
連絡がなくて不安だったり、なかなか会えなくて寂しいといった、遠恋ならではの悩みもたくさんありますが、いざ会えるとなったときにも様々な困難があるのが遠恋です。

 

 

片方だけが会いに行くという構図を定着させてはいけません。
お互いが行き来をするよう、初めから決めておけば後々揉めることもないでしょう。
もう既に自分にだけ負担がかかっているのであれば、早く彼氏や彼女に打ち明けたほうが良いです。
片方だけが無理をしたり我慢をする恋愛は長く続かないことを覚えておきましょう。

 

 

付き合っている恋人となかなか会えなくて不安…

そんな時は、いつでも、どこでも占ってもらえる電話占いをお勧めします!

 

占い師の先生が遠距離恋愛をばっちりアドバイス&サポートしてくれます

守秘義務もカンペキ♪

 

当サイトでは、最近の人気口コミから信頼ある大手のサイトをランキング形式ご紹介!

恐いくらい当たる電話占いをあなたも是非体感してみては?

 

▽無料キャンペーン実施中▽

無料占い

スポンサーリンク

関連記事一覧